スポット

姫島

糸島の海にぽかり浮かぶ姫島。初上陸♪

姫島。
糸島に来る前にはあまり気にならなかったんですが、二丈に住んでから・・・海を見に行くと丁度正面に見える小さな島が気になるようになった。
しかし!ボクの周りの人に聞いても「行ったことはないなァ」と言うのが定石。
行ったことがある人は・・・釣り・・・する人くらい。(笑)
ま、ボクも釣りは好きだけど。(笑)

猛暑だった夏も・・・やっとで涼しくなってきたんで、このタイミングで行ってきました。
ホントは1人でゆっくり行きたかったんだけど。
最近、猫が沢山いる島ってコトで猫好きなムスメ1号もついてくるんだと。
興味ないだろうと思っていたヨメも一緒に行くと。
そうなるとムスメ2号も。結局家族4人での上陸になりました。

渡船乗り場がある志摩の岐志漁港「岐志観光休憩所」。姫島へ渡るには渡船乗り場がある志摩の岐志漁港へ。冬は牡蠣小屋で賑わうスポットです。
無料駐車場も広く、キレイな休憩所「岐志観光休憩所」では地元産の野菜とか売ってました。
ちなみに営業時間は9:30~16:00。

市営渡船「ひめしま」。新しい!乗り場に向かうと既に市営渡船「ひめしま」が待っていました。
2016年に新しくなったばかりの船で、めちゃキレイ。
カラーリングは九州大学の偉い先生の手によるモノらしい・・・なんとなく九大カラー。(笑)

乗ること10分弱で正面に姫島が見えてきました。ホントはお昼くらいの便に乗りたかったんですけど、ムスメたちの雑事が長引き、乗ったのは16:00発。姫島からの最終便が17:10。渡航に15分くらいかかるので、上陸時間は1時間弱。(笑)
姫島弾丸ツアーになりそう。
渡船の運賃は大人470円。小人240円。船に乗ってからの支払いです。

姫島到着。港の入口にある防波堤はカラフル。往復券があると言うんでそちらを購入しましたが940円。往復の割引などなくキレイに2倍。(笑)
子ども用の往復券はないので、帰りの時に買ってくださいという・・・なんなのこのシステム。
ま、ファミリーで来るところじゃないのかも。
定刻通りに出発。

来ました!初!姫島!船はとても快適。シートも大きくてゆったり座れます。
滅多に乗らない船に乗るだけでムスメたちはテンション上がります。デッキに出っぱなし。(笑)
港を出て数分で姫島が真っ正面に見えます。ホントに近い島。
あっという間に到着。
想像していたよりも立派な漁港です。
防波堤の突端は島の子ども達の手による? ペイントが施してあり、イイ感じのウエルカム感あります。

姫島の案内図。古いけどわかりやすい。船を下りてスグのところに公園があり、島の案内板が設置されていました。
とりあえず行きたい場所、見たい場所をチェック。
ホントに・・・小さい島ですが行けるところは南側の端っこだけなんですね。歩いて半周くらいはできるようですが・・・せっかくなんで、やっぱり島一周したい気もしないでもない。

いきなりネコのお出迎え。その公園では、スグに猫がお出迎え。観光客がわかるんかいな??
さすが港猫。
人慣れしているのかニャーと寄ってきます。

猫の相手をしたがるムスメたちに「時間がない! 歩くぞー!」と集落の方へ向かいました。

島唯一のシーガルショップ。飲み物とおにぎり調達。程なくして見えてくるのは島唯一のお店「シーガルショップ」。
ここでヨメとムスメたちはおやつ。ボクはおにぎりとコーラを調達。お店の隣は“憩いの広場”というコミュニティスペースになってます。割と広いスペースにテーブルや椅子だけじゃなく、テレビもあって、地元の方? 思い切り寛いでました。
自由に使えるイートインスペースですね。雨が降ってもここでお弁当食べたりできそうです。

スグ近くには「吉田屋」さんという民宿が。情報ではもう一軒あるそうなんですけど発見できませんでした。
なんせ時間が無くて。ホントはここでランチする算段だったんですけど・・・次回に持ち越します。
なんでも美味しいんだろうなァ。

野村望東尼御堂。こんなところに・・・なんとも感慨深い。
案内板を頼りにボクが姫島に来たかった一番のスポット。
「野村望東尼御堂」へ。
行ってみると・・・なんとも素朴な御堂。あの高杉晋作の最期を看取った野村望東尼がこんなところに囚われていたなんて。感慨深い。ちょっとだけ高台になっているので、海も見渡せます。
んー・・・っと、ゆっくり想いをはせている時間も無く。歩き続けます。

高台の歩道を抜けると可愛いお屋根が見えてきました。御堂からズンズン島の奥へ。
キレイに整備された歩道を抜けると最終目的地点。
「姫島小学校と志摩中学校姫島分校」が見えてきました。
写真で何回も見てきたんですが・・・ホントに素敵な建物です。
たどり着くまでの道中のロケーション素晴らしくて・・・。

姫島小学校と志摩中学校姫島分校。素敵な建築。
奥の校舎も良いなァ。しっかりココで遊ぼうと思ったのも束の間。
ここにたどり着いたのが30分ちょい。なので、スグに戻らないと帰りの船の時間に間に合わない計算。(笑)
趣ある校舎を一周して、港へ。
帰りは海沿いの外周の道を歩きます。

帰りは海沿いの道をまわりました。次々に猫ちゃん。
可愛い子猫もいました。ちょっとおやつタイムと堤防の切れ間から海へ出ると、キレイな景色はさておき・・・。
猫ちゃんがいっぱい。(笑)
ビックリするほどいっぱい。
で、あちらもボクらを見つけると・・・めちゃ寄ってきます。猫島スゲー!
まったく逃げない。

家から持参した猫ちゃん用のおやつで、釣るムスメたちに・・・どんどん集まってきます。
一応、確認したんですが、猫にエサをやることは禁止されていないそうです。もちろんゴミは一切出さないようムスメたちにも厳しく・・・。猫と戯れるムスメたち。平和だなァ。
ウチにも猫いるのに・・・。(笑)

再び。ひめしま。最終便ギリギリでした。ボクはのんびり堤防に座って、海を見ながらコーラとおにぎり。
美味すぎる。
おっとゆっくりはしてられない。船の時間が・・・。
時計をにらみながら・・・なんとか帰りの渡船の時間に間に合いました。
17:10が最終便なんで乗れないと泊まらなくちゃいけなくなる。
ちょっぴりスリリング。(笑)

ホントにばたばたの姫島初上陸でしたが、小1時間でも、十分楽しめましたね。
逆にムスメたちには長い時間だと持て余していたかも。
次はひとりでじっくり来たいなァ。
さらば姫島! また来るよー!
プチアドベンチャー終了。
お金もかからず楽しめました。
姫島・・・現実逃避するにはめちゃ良いスポットじゃなかろうか。

渡船乗り場がある志摩の岐志漁港「岐志観光休憩所」。市営渡船ひめしま の運行(糸島市サイト)
岐志漁港に乗り場があります。
無料駐車場と産直売店を兼ねた岐志観光休憩所もあります。
糸島市志摩岐志1842


関連記事

  1. 二丈パーキングエリア。天気が良いと青い空と青い海が最高に癒やしてくれる。 二丈パーキングエリア

PickUp

  1. 中からど迫力の鯛がお目見え。ん・・・スゴい。
  2. ランチは週替わり。いつも驚くほど美味しいお料理楽しませてもらえます。
  3. パスタ「かなぎとキャベツのオイルスパゲティ」。めちゃめちゃ美味しかった!
  4. 「キングプレート」(1,300円)。糸島牛焼肉と糸島豚トンカツの贅沢メニュー。
  5. 窓からの眺め。
  6. 「海鮮丼」(1,650円)。
  7. 「長崎チャンポン」(700円)。
  8. 「もっとよくばり満腹セット」(1,500円)。小さいパン詰めグラタンはめちゃカワイイ。魅惑の漆黒カレー。
  9. これまた絶品「鰯・レモン・赤唐辛子 ペペロンチーノ」。
  10. 「ちゃんぽんセット」(1,100円)。ちゃんぽん、ごはん、からあげ2個という内容です。

New Entries

絶品とはコレのことか。 タンタン麺 しま屋

名店訪問。昔からお世話になってる重鎮さんへ挨拶回り。地下鉄呉服町駅から歩いてスグのトコロ。…

「窯焼きふわふわスフレドリア」(880円+税)。 星野珈琲店 糸島店

ムスメとデート。ちょっと新年度のバタバタで思うように更新できてませーん。糸島市潤に颯爽と現れ…

我が家のお気に入り。サフランさん。 Saffron(サフラン)

春休み♪ 親子2人ランチ。春休み。平日に子どもが家にいるって・・・家で仕事がしづらい。(笑)…

ムスメ1号は相変わらず渋く「おぼろこんぶ」(420円)。 牧のうどん 二丈バイパス店

久し振りに家族でマッキー。んで、二丈バイパス店も超~久々。平日のお昼。駐車場はパンパンだった…

キレイなお肉。 清香園 糸島店

卒業お祝いで焼肉ランチ。無事、ムスメ1号が小学校を卒業しました。あっという間の6年間だったな…

ウマすぎる鶏白湯スープのチャンポン。単品なら800円。 かいの 糸島本店

なんども唸っちゃうチャンポン。突如! 今宿バイパスのファミマとかリョーユーパン球場の裏手に現れた…

中からど迫力の鯛がお目見え。ん・・・スゴい。 ゴハンヤ イタル

お塩とご飯スペシャル。この日は朝からシトシト雨の日。ヨメと仕事で廻ってて・・・ランチはどこに…

PAGE TOP